独身の愉しみかた

30代のサラリーマンが自由で快適なSingle Lifeを綴っています。

 こんばんわ(*・ω・)ノヨッ♪

 断腸の思いで今年の4月に40万円程投資をしていたSBI債、月日が過ぎるのは本当に早いモノで、もうあれから半年経過してしまいました。第32回SBI債は1年満期の年率1.43%、半年ごとに合計2回の利金支払いがあることになっています。10月末は第1回の利金支払日、その結果は―――、無事に1回目の利金2,279円の振込がありました(*´∇`*)この調子で次回も利金支払いと満期償還されれば良いですφ(.. )

 ここ最近の傾向として、公社債をメインに資金を振り分けています。かなり手堅く運用しているのでリターンも少ないですが―――。お金を「働かせる」という考え方がある一方で、お金を「休ませる」という考え方もあって良いのかな、と今は思っています。私自身残業の毎日でヘトヘトになっているので、自分がされて嫌なことは、他人にもしない。それが例え「お金」でも同じことです。厳密に言うと、人がする労働は積み上げ方式なため、働けば必ずリターンがある一方、お金が働いても必ずリターンがあるとは限らないので「働かせる」という表現はやや誤解を招く表現だと思いますね。


DSC_2634
カボチャのタルト

DSC_2631
ホットチョコレート

DSC_2635
テラスにて


 今回は大手町にある「ザ・カフェ by アマン」に訪問しました。アマン初の都市型ホテルに併設するカフェ。今年の梅雨頃にオープンしましたが、今でも人気があります。都心では緑があるだけで環境補正が入る分、きっと美味しく感じるのかも知れませんね。

 しかし単刀直入に言うと、評価はハッキリいって残念なカフェでした。お店は夕暮れの外の気温について理解されていません。アールグレイの紅茶をポット単体で出された時、気持ちは沈みました。当然あると思ってたティーコージーは無かったので、すぐに冷めてしまいました。ティーストレーナーすら出てきません。ファミレスならいざしらず、サービス料を取って、高価格に設定されるメニューであれば、私はそこにそれ相応のサービスと「質」を求めます。

 同じ値段でお金を払うならば、紅茶なら「ダマン・リュミエール」、都会の中で自然を味わうなら「椿山荘」のアフタヌーンティーをおススメします。どちらも一流のホスピタルに溢れています。何も言わずに毛布の差し入れすらありましたしね。

 午後に予約を取っての訪問ですが、アフタヌーンティーに出かけたのに、アフタヌーンティーボックスが既に完売―――、何のための予約なのか、いやはや一流のホテルを標榜するのであれば改善しないといけませんね。今回の件で学ぶべき教訓は、口コミを過度に期待してはいけない、と言うことでした。



☆★下記をClick頂けると励みになります☆★



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット