独身の愉しみかた

30代のサラリーマンが自由で快適なSingle Lifeを綴っています。

とある日、部長の話。
足元にゴミが落ちている人が二人いました。
彼らがその後に取った行動を見て、その上司が取った行動とは―――。

Aさん:ひとりは気付きながら拾わずに「無視」して通り過ぎた人
Bさん:もうひとりはゴミが落ちていることに「気付き」もせず通り過ぎた人

 その上司は、Bさんを注意しました。良し悪しはありますが、少なくともAさんは「あった」ことには気付いていたので、Aさん指導するのは容易い。しかし、Bさんはその前段階の「あった」ことにすら気付いていない。この「あった」ことに気付かないことに上司は注意しました。

 しかしこれは指導できるモノではないですね。「気付ける」ようになるかについては、本人の今後の取り組み方次第です。


 「偉人」と「凡人」の違いは何か―――。

 今回の件で学ぶべき教訓は、チャンスは「偶然」訪れるかもしれないが、それをものにできるかは自分次第というこだ。目の前にまたとないチャンスが広がっていても、単なる日常の風景としてしか意識せず、その意味も理解できず見過ごしてしまう人がいる反面、その現象を注意深く洞察してそこから新しい真理を導くことができる人もいる。

 出会いは「偶然」かもしれないが、そのチャンスをモノにできるかは、自分が勤勉に過ごし、日頃から努力を積み重ね、鍛錬して身に着けた「洞察力」が無ければ手に入れられない。注意力が散漫な人間は「海を泳いでも魚をみつけられない」のである。怠惰な人、時間を無駄に過ごしている人には、この先のどんな幸運も意味を持たないだろう。

 凡人と偉人を隔てるこの洞察力の優劣は、非常に大きなアドバンテージになる。しかし、わずかな時間も無駄にせず、日頃から努力して鍛錬すれば、決して身に付けられない能力ではない。凡人と偉人に違いがあるとすれば、そこにあるのは「努力による蓄積の差」である。



☆★下記をClick頂けると励みになります☆★



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット