独身の愉しみかた

30代のサラリーマンが自由で快適なSingle Lifeを綴っています。

 いらっしゃい(*・ω・)ノヤァ

 本日も、こんな田舎blogまでお越し頂きありがとうございます。初めての方、再訪の方もお越し頂いていますが、準備はよろしいですか。このblogは前置きが長く、結論が短いです。まるで何処かの病院で待たされて、診察がすぐ終わるような感じなのでご注意くださいね( ´∀`)つ

 さて、今宵も一人で語らせて頂きます......φ(.. )

 私の趣味のひとつである「読書」についてのお話
 突然ですが「皆さんは書籍は何処で購入されていますか」

 私は休日になると大型書店巡りをして新刊をチェック、気になる書籍は購入しています。もちろん新刊だけでなく、定期的に買っている月刊誌や週刊誌もあります。その中のひとつ「日経WOMAN」は特に贔屓にしています。私の大好きな「お金」の話が多く、またまじめな方々が大勢登場しており、彼女らのライフスタイルに日々刺激を受けられるから愛読しています。

 でもここでひとつ問題が―――

 「日経WOMAN」が陳列されているスペースは女性コーナーが多いのです。大概一人で何かやる時でも怖くないのですが、流石におっさんが女性誌コーナーに立ち寄るのは躊躇しますね。このひと痴漢ですとかなんとか言われたりするのではと日々妄想してしまったり(●´ω`●)早い話、基本ビビりなんですね( ´_ゝ`)

 平日はリーマンなのでスーツ姿です。リーマンに取ってスーツは「戦闘服」ですので安物のスーツでなく、ポールスチュアートや五大陸等、それなりのモノを着ています。ビシッと決めたダークスーツ姿で女性誌コーナーで「日経WOMAN」を手に取る姿を想像してみて下さい。また中野のまんだらけ本館少女コミックコーナーで「アオハライド」を手に取り微笑むおっさんの姿を想像すると、これはもうホラーですね('д` ;)

 要するに、「どれほど良いスーツを着ているかと言うよりも、それを着てどのように振る舞うかというのが非常に大事」わけです。人は見た目が9割と言われますが、それよりも「見た目」と「振る舞い」がリンクしてることが大切だよって言うお話でした。

 そんなこんなで対策としては、恥ずかしいモノは「Amazon」でポチッと購入することをおススメします(*´∇`*)




☆★下記をClick頂けると励みになります☆★



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット